トップページ > 概要

概要

目的

FC岐阜後援会は、県民、企業、行政が三位一体となって組織し、「スポーツを通じて未来を担う子供達の創造性と夢を育て、ゆとりある地域社会の実現と 個性豊かな地域文化の創出に寄与する」ことを目的に活動し、 J1、そして世界を目指す「FC岐阜」を支援します。

活動の内容

  1. FC岐阜の活動に対する物心両面にわたる支援事業
  2. FC岐阜の広報宣伝に関わる事業
  3. 会員相互の親睦を図る事業
  4. 会員・支部の拡大に関わる事業
  5. その他、会の目的達成に必要な事業

会長挨拶

平素は、FC岐阜後援会及びFC岐阜の活動にご理解、ご協力また熱い応援を賜り誠にありがとうございます。

 2014年8月よりJ1チャレンジ「FC岐阜に練習場と環境整備を!」と署名及び募金活動を実施し、会員の皆様に甚大なご協力を頂きました。ニュース・新聞等でご存知かと思いますが、皆様のご厚意が実を結び、2015年9月にJリーグよりFC岐阜に対して『J1ライセンス』が交付されることが決定いたしました。

 J1クラブライセンス取得には、財務基準、スタジアム基準、クラブハウスなど様々な課題がございましたが、行政、企業、県民、サポーター他 岐阜県全域の皆様からご支援を頂き、ライセンス交付の基準を満たすことが出来ました。

 皆様のご尽力に心からお礼申し上げると共に新たなシーズンでのチャレンジへのご支援ご協力をよろしくお願いします。

 後援会では2016シーズンもオレンターノツアーなどオリジナル企画を沢山計画しておりますので、是非FC岐阜後援会に加入頂ければと思います。
FC岐阜後援会会長 星野鉃夫

組織体制

後援会会長 星野鉃夫 岐阜車体工業(株) 会長
後援会副会長 小川 信也 太平洋工業(株) 代表取締役社長
名誉会長 古田 肇 岐阜県知事
事務局長 村井 勝美  

各支部長・団体を含む組織図はこちらをご覧ください >>  FC岐阜後援会組織図

収支計画

会費収入の60%を「FC岐阜」の財政支援に充当する。 会費収入で後援会活動費を賄う。

オフィシャルスポンサー

相互リンク

ページの先頭に戻る