トップページ > オレンターノPRESS > Vol.11 トップ選手対談 髙地系治選手×高木義成選手×レオミネイロ選手

オレンターノPRESS

Vol.11 トップ選手対談 髙地系治選手×高木義成選手×レオミネイロ選手

いつでもチャンスを活かせる様、日々精進!

2016シーズン折り返しまで2試合を残す6月23日。
加入3年目のキャプテン髙地選手、今季名古屋グランパスから移籍したGK高木選手、昨年加入しさらに活躍が目覚しいFWレオミネイロ選手にお話をうかがいました。


(写真左から)
高木義成選手、髙地系治選手、レオミネイロ選手

髙地系治選手
2014年加入
キャプテン MF 6 
出身/埼玉県川口市 1980年4月23日生まれ
前所属チーム/大宮東高-イタペチニンガ(ブラジル)-サンベルナルド(ブラジル)-ナショナルFC(ブラジル)-東京ヴェルディ1969-沖縄かりゆしFC-FC琉球-サガン鳥栖-横浜FC
座右の銘/一生一会
高木義成選手
2016年加入
GK 21
出身/東京都江戸川区 1979年5月20日生まれ
前所属チーム/南葛西第二中-修徳高-国士舘大-東京ヴェルディ-名古屋グランパス
座右の銘/足元の乱れは心の乱れ
レオミネイロ選手
2015年加入
FW 33
出身/ブラジル ミナスジェライス州 1990年3月10日生まれ
前所属チーム/アメリカ ミネイロ(ブラジル)-済州ユナイテッドFC(大韓民国)-アメリカ ミネイロ(ブラジル)-アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)-ヴィラ ノヴァ(ブラジル)-パラナクラブ(ブラジル)-アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)
座右の銘/Never give up
1試合1試合自然体で!そして、いつも全力で!

髙地選手、J2通算400試合出場おめでとうございます。

髙地系治選手(以下 敬称略)ありがとうございます。「400試合そろそろですね」と周りに言われて「あ~、そうか」という感じで、特別意識することはなかったですね。ただ、400試合目の相手チームが前所属の横浜FCだったことは嬉しかったですし、勝ててよかったと思っています。これまで、1試合1試合自然体で、また全力でやってきましたが、ここまでできたのは、自分だけの力ではなく、チームメイト、スタッフ、そしてファン・サポーターの皆さんなど、本当に多くの方々のお陰だと改めて感謝しています。

高木義成選手(以下 敬称略)J2で5人目でしょ。ホント、400試合ってすごいよ。

レオミネイロ選手(以下 敬称略)本当にすばらしい、目指したいところです。

高木系治は今季キャプテンということで責任ある立場になったしね。といっても、いつもマイペースで自然体でやってるよね?

髙地同年代でJ1での経験が長い、なり君が来てくれて、本当に頼りになるし心強く感じています。岐阜に来て3年目、キャプテンになったけど「キャプテンだからこうしたい、ああしないと」っていうのはないんだよね。チームメイトに恵まれ、信頼できる仲間だし、みんなに支えてもらっているから、自分はこれまでと変わりなく「常にチームのために全力を!」という気持ちでやれてる。

高木系治らしくていいと思う。「いつも全力で!」って気持ちは同じだよ。特にこのチームは若い選手が多くて、伸びしろも大きいから、自分もまだまだ成長したいって思う。こう見えて若いんだよ、レオと変わらないから、ね。

レオあ、そう同じくらいですね(笑)。ボクも全力で頑張ってます!

高木そんなメンバーが一丸となったら結果は出るはず!その中で、いろんな経験をしてきたこの世代だからやれることってあると思うからね。

髙地そうだね。今、なり君がチーム最年長で僕は1つ下。チームのために頑張りたいね!

岐阜県みんなの夢を叶えるチーム、最低でもJ1へ!

高木選手は今季名古屋グランパスから移籍されましたが、いかがでしょう。

高木正直びっくりしました。自分で「FC岐阜でやりたい」と思ってきたんだけど、チームの環境が名古屋とこんなに違うとは思ってもみなかったので。何十年か振りに、高校のサッカー部時代を思い出しましたね。

髙地、レオ(笑)

髙地僕はどんな環境かを聞いて覚悟して来たけど、知らずに来るとびっくりするだろうね。でも、来た当時はもっと環境が整っていなかったからね。後援会の組織が整い、本当に皆さんが一生懸命動いてくださったお陰で、クラブハウス的に使える施設も完成し、練習場所など含め環境は格段によくなってきてる。

高木ゼロからのスタートは本当に大変だっただろうね。財政的にも厳しいってことがひしひしと伝わってきて、いろんな意味でこれは何とかしなくちゃと思ったね。

髙地「最低でもJ1!」って宣言してるもんね。

高木そう「最低でもJ1!」。一企業のチームとかでなく、県民の、子どもたちの夢をのせて誕生したチームだからこそJ1にしたいんだ。「夢みたいなことを言ってる」「ムリに決まってる」って笑う人もいるだろうけど、J1に昇格するために僕は来たわけだし、有言実行で実現させるつもりだよ。なー、レオ。

レオはい。ボクもスピードを活かしてゴールを決めます!現在10位だけど、更に期待してもらいたい。

支えてくれている皆に恩返し、厳しい環境こそ成長するチャンス!

レオミネイロ選手は海外のチームから岐阜のチームに所属した感想は?

レオ人生はチャレンジの連続です。これまでも常に新しい事に挑戦をしてきましたが、日本へ、そして岐阜に来たのは大きなチャレンジです。これまでとは違う厳しい環境ですが、そんな中でサッカーをすることは「成長するチャンス!」と考えています。

髙地最初は環境の違いに戸惑うこともあっただろうけど、僕はブラジルにいたからポルトガル語もできるし、本当に国籍もキャリアも関係ない感じでやれてると思う。

レオ系治さんとは最初から普通に話ができて安心しました。岐阜に来て2年目、環境にも慣れてきたし、今シーズンはチームメイトとのコミュニケーションもよくとれていて、今のチームの雰囲気はすっごくいいと思います。

高木レオは遠慮なく普通に喋ってくるよね。一緒にいると、スポーツには年齢も国籍も関係ないな~って改めて思うよ。

レオはい。年齢や国籍は関係なく、特に試合中はお互いに一人のプレイヤーですから。とにかく、いつも支えてもらってる皆さんに感謝しながら、プレイで恩返しをしたいと思って頑張っています。

髙地それにしても、すごい太ももだよね!この体格を見ると、さすがに日本人とは違うわ~って思うよね。

高木 ホントだよ。その太ももに、スラッとした美しい膝下。引き締まった上半身に、たてがみのように決まったヘアスタイルでイケメン小顔。まるでサラブレッドだよ!

髙地 レオ(笑)

高木レオは横浜戦で2得点して、いよいよ本領発揮。次はハットトリック狙ってるでしょ。

レオもちろん!

髙地 良い時も悪い時もあるけど、こつこつと積み上げて来たことがやっと結果に繋がりつつあると思う。次節は逆転勝利ではなく、先制してスカッと勝利したいね。

高木当たり前でしょ。いざとなったら、僕だってゴール決めるし。

レオGKなのにゴール決めた事あるんですか?

高木あるんだよ。だから、いざとなったらゴール狙うよ!

髙地頼もしいわ~。1試合1試合、その意気込みでいきたいよね。

岐阜県が好き!満員のスタジアムを沸かせたい!

岐阜県についてはいかがでしょうか。

高木なかなか馴染めない街もあるけど、岐阜は違ったね。すぐ親しめて好きになれた。J1のチームのようにコアサポーターもそんなに多くないから、スタジアムの客席を見て寂しい~って時もあるけど、その分、サポーターはみんな温かい。

レオボクも岐阜が好きです。街の人たちもみんな優しくて親切にしてもらってます。

髙地そうだよね。岐阜は住みやすくていい街だよ。 ところで、岐阜の人って遠慮がちじゃない?街ですれ違っても全く声かけられないからね。

高木え?そんなことないよ。夜食事に出たりすると結構声かけられる。

髙地あれ。そうなんだ。

レオボクもよく声かけられるので嬉しいです。ただ、負けて落ち込んでる時だったりすると、「あ~。あわせる顔がないな~」って思うこともある。

高木そういう時あるある!声かけてもらいたくないからキャップを深くかぶって下向いてたりするんだけど、それでも「高木選手~」って明るく声かけてくれるので「はーい」って応えるんだけど、厳しい気持ちの時もあるね。

髙地だけど、そんな事、声かける人には関係ないことだからね。

高木そうなんだよ。だからそんな気持ちにならないように、常に納得のいく試合を見せないとって思う。

レオそう、プロなんだから、どんな時もきちんと対応したいと思います。このあと2試合キッチリ勝って、いい感じで後半戦に突入していきたいですね。

髙地一人ひとりが個々の個性と力を発揮しながら、チームが一つになって戦えば結果はついてくると思う。まずは、ホームでの勝利が大切だね。

高木ホームで勝ちたい! ただ、欲を言えば、もう少し試合を観に来てもらいたいね。後援会の皆さんが全員来てくださったら、すぐにスタジアムは満員になりますから。是非皆さん、スタジアムに足を運んでください。

髙地そうだね。辛い時間帯などは、ファン・サポーターの皆さんの応援が本当に大きな一押しになるからね。本当の意味で、選手、スタッフ、ファン・サポーターが一丸となる喜びを味わいたい。

高木そうだよ。1万6300人で満席になった熱いスタジアムをプレイで沸かせて、J1昇格を決めるのが夢だな~。いや、夢でなく実現させないと。

髙地そう実現させないとね。

皆さん、頑張りますので応援よろしくお願い致します!

オフィシャルスポンサー

相互リンク

ページの先頭に戻る