トップページ > オレンターノPRESS > Vol.13 レオミネイロ選手インタビュー

オレンターノPRESS

Vol.13 レオミネイロ選手インタビュー

皆で決めよう!2016日本特殊陶業賞 MVPに輝いたレオミネイロ選手にインタビュー!


レオミネイロ 選手  FW33
1990年3月10日生まれ
出身/ブラジル ミナスジェライス州
前所属チーム/アメリカ ミネイロ(ブラジル)-済州ユナイテッドFC(大韓民国)-アメリカ ミネイロ(ブラジル)-アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)-ヴィラ ノヴァ(ブラジル)-パラナクラブ(ブラジル)-アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)
ボクにとって、岐阜は特別な場所になりました。
「岐阜の皆のために!」と思うと、苦しくても頑張ることが出来ました。

MVP受賞おめでとうございます。

ありがとうございます。岐阜の皆さんに、ボクのことを覚えてもらえたこと、そして選んでもらえたことを、心から光栄に思います。本当にありがとうございました。スタジアムでの応援も、グランドの外でファン・サポーターの皆さんや子どもたちが待っていてくれるのも本当に嬉しく思っています。皆さんとは、できる限り距離を縮めて触れ合い、サインなどにも応えたい気持ちでいっぱいです。

賞金100万円の使い道は考えていますか。

貯金をしようと思っています。それと、少しだけでも、ブラジルの恵まれない子どもたちへ寄付したいと考えています。幸運にもボクは、神様にチャンスをもらい、いつも助けられています。ですから、微力ですが、ボクもできる範囲で困っている人を助けたいと思っています。
今夜ブラジルに帰国します。家族や友人たちに会って、いろんな話をしたり一緒にリゾートに行くのがとても楽しみです。スケジュールはハードですが、精神的にはとてもリフレッシュできると思います。

チーム最多得点13得点、J2リーグの中で11位。
  レオミネイロ選手にとってはどんな1年でしたか。

チームの順位としては残念でしたが、自分としては昨シーズンよりもよいパフォーマンスができたと感じています。岐阜の環境にもチームにも慣れてきて、サッカーに集中することができたので、自信をもってプレイすることができました。
そして何より、いつもいつも応援に駆けつけてくれるファン・サポーターの皆さんに、「プレイで恩返しをしたい」「プレイで応えたい」という思いが、より強くなった1年でした。「岐阜の皆さんのために」って思うと、苦しくても頑張ることができましたね。
最後の試合は、12,000人以上のファン・サポーターの応援を受け、最高にモチベーションがあがりました。そして、「この応援をこの試合で返したい!」という思いで最後まで諦めずにゴールを狙いにいきました。皆さんと一緒に戦った試合でしたので、勝つことができて本当に良かったです。

岐阜の皆さん、ファン・サポーターの皆さんに一言お願いします。

岐阜の人は親切で優しいし、とても住みやすいところで、ブラジルの人もたくさん暮らしています。ボクにとって、岐阜は本当に特別な場所になりました。ピッチに立つと自然に「岐阜の皆のために!」という思いになりますね。
岐阜の皆さん、本当にいつも応援してくれて、ありがとうございます。

レオミネイロ選手みたいになりたい」という子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちにメッセージをお願いします。

夢を持ってください。そして、その夢に向かって諦めずにチャレンジをしてください。一生懸命に頑張れば、導かれ、自ずと道は開けてくるはずです。
ボクもそうしてきましたし、これからも常に上をみて、よりよいパフォーマンスができるようにチャレンジしていきたいと思っています!

オフィシャルスポンサー

相互リンク

ページの先頭に戻る